スロージューサー

スロージューサー

スロージューサー

このページは「野菜ジュース作り方のコツ 」の情報コンテンツです。
スロージューサー > 野菜ジュース作り方のコツ

豆知識

野菜ジュース作り方のコツ

ヘルシーな生ジュースを、よりヘルシーに作るために、また少しでも作りやすくするためには、いくつかの注意点とコツがあります。基本的な注意点とコツを守れば、栄養価の高いおいしい生ジュースを簡単に作ることができます。

砂糖は使わない

甘さが欲しいからと砂糖を加えるのは、生ジュースを飲む意味が半減するどころか、それ以上の損失です。砂糖を加えると高カロリーになるばかりでなく、体内で砂糖が分解されるときに多くのビタミンB1・B2などを消費します。つまり、せっかく生ジュースで補給しようとしたビタミンB1・B2を無駄にすることになります。そうでなくても、砂糖の取り過ぎは、肥満や心筋梗塞を引き起こす要因です。甘さが欲しいときは、少量のはちみつやくだもので補いましょう。

材料は新鮮なものを

野菜やくだものは鮮度が落ちると、ビタミンの含有量が減ります。古くなってしおれた野菜は生ジュースにして飲んでも、味が落ちるばかりでなく、栄養的に十分な価値が期待できません。材料はできるだけ新鮮なものを求めましょう。ただし、新鮮なものを買い求めても、長いこと冷蔵庫に置いておけば、鮮度が落ちるのは当然なので、注意してください。

捨てていた部分も活かそう

キャベツやカリフラワーの外葉、にんじんの皮など、料理の際には捨てていた部分もきれいによく洗いさえすれば、生ジュースの材料としてなんら差し支えありません。というより、野菜やくだものは皮に近い部分ほど高い栄養分が含まれていると言われるくらいです。経済性を考えるのも、生ジュース作りを続けやすくするコツと言えます。だいこん、にんじん、かぶなどの葉も生ジュース作りに大いに利用できます。

ヘルシーな材料をプラスする

生ジュースに他の材料をプラスして、アレンジするのもアイディアです。ただし、水で薄めるというのは、経済的かもしれませんが、健康のための生ジュースとしての価値は半減してしまいいます。プラスする材料は、100%果汁、牛乳、豆乳、プレーンヨーグルト、乳酸飲料など、生ジュースのヘルシーさを損なわないものがおすすめです。このような材料を加えれば、生ジュースを薄めるのではなく、味もカバーでき、生ジュースを作り続けるのに役立つと思います。

野菜の摂取と寿命の関係

食の欧米化に伴い、日本における平均寿命にも変化が現れ始めていると訴える人もいます。 ハンバーガーや肉中心の料理で、確かに何かが変わってきているのかもしれませんね。 かといって野菜だけのお食事というのも問題があります。 何事もバランスの良い食事が理想的なのだと思います。

スロージューサー 激安通販