スロージューサー

スロージューサー

スロージューサー

このページは「生ジュース摂取の目安 」の情報コンテンツです。
スロージューサー > 生ジュース摂取の目安

豆知識

生ジュース摂取の目安

私たちの健康に必要不可欠な野菜。もちろんそのままサラダで食べたり、調理して食べてもいいのですが、生ジュースで摂るのもさまざまな利点があります。

生ジュースなら一日コップ1~2杯

厚生労働省が推奨する野菜の摂取量は一日350gですが、実際にその量を目の前にすると、その多さに驚くはずです。毎日、それだけの量を食べ続けるのは、実際にはなかなか難しいと言えます。そこでおすすめなのが、生ジュースにするという方法です。350gの野菜をジュースにすれば、コップ1杯(180ml)程度です。健康な方なら一日コップ1杯で十分ですし、間食の多い方や中年以降の方は、毎日コップ2杯飲むといいでしょう。350gの野菜を毎日バリバリ食べろと言われると大変ですが、コップ1~2杯の生ジュースなら楽に飲めるのではないでしょうか。

ビタミン、ミネラルが生きている生ジュース

主にビタミンやミネラルを補うために野菜を摂るのですから、なるべくそれが有効に働く形で摂りたいものです。野菜は煮たり炒めたりして食べてももちろん効用はあるのですが、ビタミンの中には熱に弱いものや水に溶けやすいものもあります。それを考えるとなるべく生で食べたいということになります。生ジュースはその名のとおり「生」のものです。生ジュースの中のビタミン、ミネラルは、新鮮な野菜の中のビタミン、ミネラル同様、生きた形のまま含まれています。生ジュースは野菜の栄養分を損なうことなく摂取できる方法です。

生ジュースはバラエティ豊かな野菜を摂取できる

野菜と一口に言っても、実に多くの種類があり、緑黄色野菜と淡色野菜の区別もあります。すべての食品を偏らずにバランスよくとるのが正しい食生活ですが、野菜だけをとりだした場合も、緑黄色野菜と淡色野菜をバランスよく、しかも多くの種類をまんべんなく摂ることが大切です。しかし、いろいろな野菜料理を毎日食卓にのせるのは大変です。生ジュースなら多種類の野菜を簡単に組み合わせて飲む事ができ、さまざまなビタミン、ミネラルをまんべんなく摂ることができます。

食べにくい材料もおいしい生ジュースに

そのまま食べるのが苦手だった野菜も他の材料と組み合わせたり、りんご、レモンなどを加えて生ジュースにすることによって、飲みやすい味にすることができます。また、キャベツの芯など、新鮮だけれども普通の料理では食べにくい硬い部分や、食べ慣れない野草も簡単に飲みやすい生ジュースにできるという利点もあります。

スロージューサー 激安通販