スロージューサー

スロージューサー

スロージューサー

このページは「生ジュースの材料の組み合わせの基本 」の情報コンテンツです。
スロージューサー > 生ジュースの材料の組み合わせの基本

豆知識

生ジュースの材料の組み合わせの基本

生ジュースを作るときの材料の組み合わせは、好きなものを組み合わせてもらえれば大丈夫ですが、よりおいしく、効果的に生ジュースを作るための基本を押さえておきましょう。

おいしく飲める組み合わせ

野菜を使った生ジュースが健康にいいのはわかりますが、野菜を絞ったものは青くさくて飲めないのでは、と心配する方も多いと思います。でも、野菜にはそれぞれの持ち味があり、中には青くさいと言われる味のものもありますが、何とも言えない自然の甘みがあるものもあります。それぞれの特徴を活かして、いろんな野菜、さらにくだものを組み合わせて、おいしい味が作れるのが、手作り生ジュースのよさではないでしょうか。

野菜2~3種類+くだもの1種類で

1種類の材料だけを生ジュースにするより、数種類の材料を組み合わせるのが、飲みやすく栄養的にも充実した生ジュースを作るコツです。にんじんジュースを毎日飲んでいるから安心、という方がありますが、これは間違いです。にんじんは確かに体によい野菜ですが、にんじんだけではビタミンCが不足します。では、材料をどんなふうに組み合わせればよいのか。基本として、野菜を2~3種類に、りんごなどのくだものを1種類という組み合わせを覚えておくといいでしょう。この組み合わせで、季節ごとに手に入りやすい材料を使えば大丈夫です。そして、アクやにおいの強い材料が入る場合には、さらにレモンを加えると飲みやすい生ジュースが作れます。

にんじん、きゅうり、かぼちゃは組み合わせに注意

生ジュースを作るときの野菜の組み合わせは好きなもので作っていただけばよいのですが、にんじん、きゅうり、かぼちゃを入れるときは少し注意が必要です。これらの野菜にはアスコルビナーゼというビタミンCを酸化させる酵素が含まれています。そのため、他の野菜と合わせて生ジュースにすると、ビタミンCが酸化されて、効果のあるビタミンCが減少してしまいます。これらの材料にはビタミンCの少ないセロリなどと一緒に使うのが賢いやり方です。また、レモン汁など酸性のものを加えるとアスコルビナーゼの働きが低下するので、ビタミンCの酸化を抑えられます。

スロージューサー 激安通販