無農薬野菜を危険と思わない一例

オーガニック野菜

無農薬野菜は、農薬を使用せず行う農法のことですが、
農薬をつかっていないので身体には良いと言う方もいますし、
農薬などを使わない為に、虫などがつきやすく
野菜自体が虫か、身をまもるために身体に毒を
つくってしまいその毒が身体には有害であるという
方もいらっしゃるようです。

自分としては、野菜が大好きですし体には自信がありませんので
あまりきにせずに食べてしまいます。気にしすぎるとなにも
食べれなくなってしまいます。

野菜は昔から沢山のものを食べてきましたが、
最近お気に入りの料理はバーニャカウダーです。
バーニャカウダーは生の野菜に暖かいタレのようなものを
つけて食べる物です。タレの味も大事ですがなによりも
大事なのが野菜の味です。この野菜の味がなにもしないもので
やってしまうとこの料理の魅力は半減してしまうのです。

野菜の味がこいものであればとても素晴らしい料理に
なっていくものだと思います。

自分は、ピーマンが嫌いだったのですが、
1人暮らしを始めた際お金がないときなどに、
安い野菜をかって自炊していました。
そのときにためしに安いピーマンで料理をしてみたところ
すんなり食べることができるようになったので
環境の変化は心境も変える要因だなと思いました。

(なんたさんのご意見)

ご意見投稿お待ちしています!!